産業廃棄物処理なら専用の機械にお任せしましょう

ウーマン

破砕するメリット

工事現場

産廃を破砕することで再資源化することができますし、規定に定められた大きさにおさめることができます。また、産廃に記載されている情報などが見えなくなるため、情報漏えいの防止もできるというメリットがあります。産廃をそのままの形状で処分しようとすると規定以内におさめることができませんし、再資源化も難しくなります。全てのことをうまく進めるためにも破砕することが大事です。とくにパソコンなどの電子機器にはブランド情報が記載されている確率が高く、情報漏えいだけでなく転売されてしまうおそれも考えられます。トラブルに遭わないようにするためにも破砕は非常に重要なのです。

産廃には大きく分けて2種類あります。1つ目が軟質のプラスチックです。ウェットティッシュやお菓子のフィルム、ウェットスーツなどの柔らかいプラスチックで作られているタイプが含まれます。そして2つ目が硬質プラスチックです。化粧品やパソコンのボディ、シャンプーのボトルなどになります。軟質プラスチックと異なり硬い素材で作られたタイプです。産廃の種類によって破砕する機械が異なるため、しっかりと種類の把握をしていた方が良いでしょう。

破砕をする機械は非常に大型なので、設置する場所を確保しなければなりません。基本的に自治体で管理するようになっています。しっかりと話し合った上で設置するようにしましょう。大型ですが騒音や振動などはほとんど気になりません。そしてメンテナンスも簡単です。